インビザライン

インビザラインはマウスピース型の矯正装置でワイヤーや留め具を使用せず、ポリウレタン製のマウスピースを使って歯の位置を正しく動かしていきます。
装置が透明なので目立たず、食事やブラッシングの時には簡単に取り外しができるので気になりません。また、ブラケットやワイヤーを使用しないのも特徴の一つです。

image14

メリット
• いつでも自由に取り外せる
• 飲食時やブラッシングの際に邪魔にならない
• 金属アレルギーの方でも使用できる
• 矯正装置が透明なので他の方からわかりにくい
• 歯の型どりが1回ですむため時間がかからない
• 他の治療法に比べて通院回数が少ない

デメリット
• 治療可能な症例が限られる
• 1日20時間以上装着しなければならない

インビザラインの非適応症例
インビザライン矯正には、適応できる症例とできない症例があります。

intlgallery_img

• 歯が著しく凸凹に生えている場合
• 歯並びが大きく乱れていて歯を動かす距離が長かったり、歯の根を動かさなければいけなかったりする場合は適応できません。
• 上下のアゴの位置に前後・左右のズレがある場合
• アゴの骨格にズレがある場合は適応できません。
• 第二大臼歯が生えていない場合

※ インビザラインによる矯正はお子様でも可能です。しかし、第二大臼歯が生えていない状態では理想的な効果を得られないため治療が行えません。個人差はありますが中学生以降になれば、第二大臼歯が生えていることが多いため、インビザラインによる矯正が可能です。

※歯を動かす距離が長い、歯の根の向きを変える必要がある場合でも、ブラケットによる治療を併用することで、インビザラインによる矯正治療を行うことができます。歯の根を移動させる段階ではブラケットを、それ以外の段階ではインビザラインを使用。ブラケットのみで矯正するよりも併用したほうが治療期間を短縮できます。

アニバーサリーデンタル銀座
ご予約・ご相談はお電話にて 0120-666-842
初回無料相談も随時受付けております
月々1万円~のデンタルローンも用意しております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>